--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-10-19

原油価格大幅続落もガソリン価格は依然高値 ④業界の情報操作!?   青山貞一

 2008年10月16日、以下の記事が毎日新聞から出た。石油情報センターからのガソリン小売価格として、レギュラーガソリンの全国価格が前週6日比で3.1円安、1リットル161.6円とされている。

 まず、現在の全国平均価格が161.6円というのは、高すぎるのではないか?

 私の論考でいつも参考にしているガソリン価格比較サイトによれば、10月16日時点の全国平均価格は、155.7円である。

 両者の差は1リットル当たり5.9円もある。石油情報センターの場合、ここのガソリンスタンドの固有名詞がまったく公表されていないので、データの信憑性は低い。

 ガソリン価格比較サイトでは、都道府県別のサンプリング数を公表するだけでなく、個々のガソリンスタンドを都道府県別に写真入りで公開している。

 石油情報センターは、データの詳細を明らかにすべきである。

 いずれにぜよ、10月10日時点でガソリン価格は昨年の10月並みに大幅下落していることからすると、現在のレギュラー1リットルの価格が全国平均で161.6円というのは、高すぎるか、すなわち個々のガソリンスタンドが談合したり、カルテル化して高値につり上げているか、情報センターが敢えて高値としている、すなわち情報操作することで、個々のガソリンスタンドが高値としているのを側面から支援しているのではないか?と思われても仕方ない。

 次の問題は以下の記事にあるように、現在、先物原油は1バーレル当たりピーク時(147ドル程度)の半分に下落している。1バーレル当たり70ドル台まで下がっている。

 とすれば、レギュラーガソリンは昨年の実勢価格からして1リットル当たり140~145円程度でなければならい。

 記事では今年の5月以来の1リットル当たり150円台に値下がり...と書いている。実体としては、1バーレル当たり70~80ドルの場合のガソリン価格は140~145円であるはずだ。 いずれにせよ、業界は先物原油価格が上がるとすぐにガソリン価格を上げるのに、下がった場合には、遅々としてガソリン価格が下げていないのが実体である。

 一体、新聞記者は自分で過去の原油価格とガソリン価格の比率などを調査して上で、以下のような記事を書いているのか??である。 

 おそらく石油情報センターからの情報を鵜呑みにして垂れ流しているだけではないのだろうか? 


ガソリン価格:6日比で3.1円安 10週連続下落
 石油情報センターが16日発表したガソリンの小売価格調査(14日現在)によると、レギュラーガソリンの全国平均価格は前週6日比3.1円安の1リットル=161.6円と10週連続で下落した。原油価格の低迷を反映し、各地のガソリンスタンドで値下げの動きが広がっている。

 米国の原油先物相場は10月に入り、ピーク時のほぼ半分の1バレル=70ドル台に下落した。「ガソリン価格は今年5月以来の1リットル=150円台に値下がりするのが確実」(元売り大手)との見方が強い。【谷川貴史】

毎日新聞 2008年10月16日 20時04分

スポンサーサイト

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

青山貞一

Author:青山貞一
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。